景気が回復し、有効求人倍率が上昇する中、人気が高いのはオフィスワーク系の仕事で、その理由を考えます。

人気が集まるオフィスワーク
人気が集まるオフィスワーク

人気が集まるオフィスワーク

景気が回復しつつあり、有効求人倍率も上昇しています。求人数も増えていますが、求人する企業と求職する労働者側が志望する業種に不一致があり、景気のさらなる浮揚にうまくつながらない部分があります。これは、オフィスワークに対する人気が強いことに一因があります。オフィスワークは業種が様々な範囲にわたりますので、仕事そのものに対するやりがいといった仕事内容重視というよりも、身体が疲れにくいとか、長く続けられそうといった理由が強いのかもしれません。

オフィスワークの業務強度にもかなりの差があります。高い給与を望むのであれば、自分に仕事を任せてもらえるように、知識や経験、スキルを身に付ける必要があり、そのために自己啓発などの努力も必要となります。また、責任も重くなりますし、仕事も経験を重ねるごとにきつくなっていくはずです。3年以内離職率という言葉があるように、せっかく就職しても、3年以内で離職する若者が増えていることが問題になっています。石の上にも3年という言葉があるように、3年は続けないとモノにはならないものですから、企業側が3年間はミスがあっても見守るように、働く側も3年間は辛抱してがんばる姿勢が必要です。

関連サイト情報

Copyright (C)2017人気が集まるオフィスワーク.All rights reserved.